• アントレーヌ
  • 魔の化身
  • 魔槍士
  • ティオティオ
  • 2/2
  • 174cm
  • お前、呼び捨て
  • あいつ
  • 歌、酒、海
  • 暑い所、毛深い生き物、標高高い所

「スピウス・・・また歯向かうのか!」
「これはなんだ?うまいのか?」
「お前は酒を飲むと面白いと聞いた。私の酒が飲めないのか?」
「私のしてきたことは、なんだったのだろうと・・・思う時は、ある」
世界の大海原で厄災を招くと噂される、あらゆることが謎に包まれている人魚。
海のヒト達から恐れられている存在。滅多に姿を現さないが、彼女が歌うと海が大荒れ状態となる。
ある信念を持っていて、海を荒らすのにも理由があるという。
見たヒトによると、とても美しい身形をしているが、その紅い瞳に恐怖を覚えるという。
しかし、ある日あることをキッカケにティオティオに住まうことになった。

物動じせず決断力に長けるという、見かけによらず非常に男らしい性格。
人魚らしく、水上では無敵の強さを誇るが、陸上では動きが鈍る。
海で暮らしていたため世事に疎く、ヒトの行動、持ち物等、あらゆる物に興味津々。
爬虫類、スライム系なんかは平気だが、毛深い生き物が苦手。
また、暑い所も苦手。服装は常に露出度が高く、昼は大体水浴びをしている。
歌の他、踊りも美しく、町行くヒト達を魅了してまわっている。

ティオティオに暮らすようになってからは、酒場で働いている。
女とは思えぬ豪快な注ぎっぷりで出迎えてくれる。
  • 魔王に歯向かう哀れな男、因縁ある相手に似すぎている
  • 魔王に歯向かった哀れな女、ずっと黙っていてほしい
  • 魔王に歯向かった哀れな男、お前も協力するべき
  • 魔王に歯向かった哀れな女、取るに足らない存在
  • 魔王に歯向かった哀れな女、取るに足らない存在
  • 魔王に歯向かった哀れな男、お前も協力するべき
  • 魔王から逃げた分まだ賢明な男、お前も協力するべき
  • ティオティオ暮らしのキッカケとなったヒト、よく一緒に踊る


inserted by FC2 system