• ヌーア=ハンソン
  • 魔の化身
  • 格闘家
  • スペルザンタ
  • なし
  • 4/11
  • 200cm
  • お前、呼び捨て
  • あいつ
  • 野菜、日向ぼっこ、小動物
  • 油物、革命運動、狩人

「僕はグラキリエだ。名前はヌーア」
「ぬあっ、ん?なんだ?もう時間か?」
「やれやれ、面倒事は好きじゃないんだけどな。よっこらしょっと」
「こういうのはちょっと・・・胃がもたれるからな」
魔の国スペルザンタの人里離れた某所で、自然と生きていた大男。
来るものも去るものも拒まず、自然に身を委ねた生活をしていたが、
氷の魔の化身であるため、魔王襲撃に遭い、拉致されてしまった。
これも自然の定めとし、他の魔の化身と違い、大人しくその時を待っている。
なお、同じ場に地の魔の化身ヴィヴィアンもいたが、こちらは早々に逃げている。

野蛮で荒々しい外見とは裏腹に、とっても慎重な性格。
薄氷は分厚くしてから踏むタイプ。前人未踏の地には足を踏み入れない。
身に纏っている毛皮は、親代わりに育ててくれた大狼のもの。20年ほど前に死別している。
近くの村人達等、ヒトとの交流も一応ある。ヴィヴィアンなんかは、あちらの方からこちらにきていた。
勘が鋭く、彼の天気予報はよく当たる。雨をしのいだり風を避ける努力はしない。
一見怠け者だが魔の化身としての力は本物で、一面を吹雪にすることも容易い。

魔の化身のため体の老化はないが、精神はもういい年したおじいちゃん。
日向ぼっこが好き。あまり動かないため、小動物の巣にされることもしばしば。
  • 魔の化身仲間、いい年した婆さん
  • 魔の化身仲間、なんか知らないけどよく現れる


inserted by FC2 system